活動報告

測色計でテスラS 研磨前と研磨後を数値化で比較

測色計でテスラS 研磨前と研磨後を数値化で比較

車の色は関係なく測定可能です

本日の記事はJCA会員からの情報共有で、新車コーティング前に、研磨前と研磨後で数値がどのように変動するかを紹介いたします。

まず洗車や脱脂が終わった段階で1回目の測定を行います。

今回の研磨工程は1工程仕上げになります。

分光色差計による研磨検証・講習プログラムを受講された方はどのような変化が出ているかお分かり頂けると思いますが、

簡単に申し上げますと、車磨き研磨作業を行った結果、余計な傷を増やしていない事を立証しています。

今後はJCA会員次第で、使用したポリッシャー・バフ・コンパウンドも情報共有していく予定です。

今回の写真撮影・計測協力・・・JCA会員 エコスタイル熊本

この評価方式は日本コーティング協会が、月間BSRに連載された、「研磨した塗面のツヤを測色する」(ケヰテック株式会社金子代表投稿)の内容に基づき、更に工夫を重ねて、出来上がった評価方式になります。

Return Top
Translate »
Top