活動報告

基準を満たしたガラスコーティングを提供できるように・・・総会のご報告

ガラスコーティングの業界をよりよく正しい施工方法を伝達するために社団法人日本コーティング協会があります。
理念や指針通りに進んでいくために、総会が開かれました。

来れなかった会員さんは委任状をいただき参加された方で決議をとっていきます。
執行部はもちろん一般会員さんも参加しています。

一番大切なのは集まったお金がどのように遣われているのかなんです。
会社でも家庭でも同じことです。収入より支出が多ければつぶれます、家庭なら夫婦喧嘩^^
収支がわからないと改善も発展もありません。

そのために専属の税理士さんを呼んで詳しく説明してもらいました。
全員に決算書が配られます。
今回は2期目にして黒字でした。
社団法人は黒字になりにくいとよく言われます。
皆さんのおかげです。

こういったガラス張りの中身が見える経営体質が大切だと私は思います。
どんな業界でも決算書が出せないのは、私腹を肥やしている人がいるからなのではないかと思います。

皆さんの大切なお金をお預かりさせていただくからにはしっかりとした報告が必要だと思います。
もし決算報告のない会に入っているのなら決算報告書の提出を求められた方がいいですよ。
もし、その会が決算していないのなら会員さんにまとめて税金がくるかもしれません。
社団法人日本コーティング協会ではそのようなことの無いようにしっかりと運営していけたらと思います。

今年は日本中に本物のガラスコーティングを伝承していきます。

Return Top Top