コーティングの歴史


ボディコーティングの歴史をたどると年代はー 1970年代に大流行したポリマー加工(いわゆる、1年間ワックス不要のポリマー加工)は石油系溶剤を主成分(液状のワックス類)にテフロンやフッソ等を添加した液剤を塗装表面に機械(ポリッシャー)で塗りこんで仕上げるものが主流でした。その後、様々な液剤メーカーや施工業者の中でも先進性を求めるところはあとを絶たず理想のコーティング剤を求め続けた結果、現在(2012年)の主流が『ガラスコーティング』となっていると考えます。
現在のガラスコーティングの中においても様々なコンセプトの液剤がありさらなる進化を続けています。

しかしながら、どのような技術革新もコーティングをお使い頂くお客様のご要望あってこそ意味を持つものと考えます。
『車をキレイにしたい。』 『美しい車を手軽に長期間維持したい。』
『車を汚れや傷から保護したい。』
『あまり洗車をしたくない。(洗車に時間をかけたくない。)』etc.

コーティング剤の進化に加えて、我々もプロの施工業者として、技術レベルの向上・進化を継続し、お客様に更に高品質・高性能なコーティングをご提供させて頂けるよう努力邁進してまいります。







ページ上部へ戻る
Top